ブログ

教室講師のブログです。

ブログ一覧

五行棚の竹節の向く位置

pic_f4

竹台子は、天板、地板が桐木地で、柱は、三節、二節、一節の竹の柱で作られてます。

紹鴎好みは大きな竹台子、利休好みは小型で、天板、地板共に同じ大きさです。

天板の幅は2尺4寸8分(75.1㎝)、奥行は1尺2寸7分5厘(38.6cm)、厚さ5分5厘(1.7㎝)、地板の厚さ1寸2分(3.6㎝)はほとんどが利休好みの竹台子になります。
 
竹台子は、村田珠光が、桐木地、白竹四本柱を好み珠光台子とも言われます。

竹台子は紹鴎、利休に伝えられ、炉、風炉共に兼用される「行の台子」と言われていますが、ルーツは竹台子です。

「行之行」に用いる台子が「竹台子」とは限らなく、真台子は、炉、風炉共に「行之行」にも使用できます。

しかし現在では「行之行」に用いる台子が「竹台子」に定着していますので、公で行うときは「竹台子」を使用します。

なお、よし庵では真台子を使うことがありますので理解してください。
 
五行棚は、玄々斎によって考案され、その柱の位置も、向こうが一節、客付が二節、勝手側は三節となります。

五行棚、五行台子の天板、地板は焼杉で、竹の柱です。

五行台子は、円能斎時代に、当時業躰の高橋宗阿が考案し、円能斎が好みの台子としたものです。

2019年10月08日ヒーリング:茶道ヒーリング
» 続きを読む